• 無電極方式エネブライトとは
  • 無電極方式エネブライトのメリット
  • エネブライトとLED・水銀灯の比較
  • 用途・導入事例
  • 導入シュミレーション
  • エネブライト商品一覧
  • よくあるご質問
  • エネブライト資料ダウンロード
  • 会社概要
  • お申し込み・お問い合わせ
  • 販売店募集

導入事例(自動車展示場)

【静岡県磐田市、ニシオ自販様・店舗オープン時に導入】

優れた演色性で、車の持つ光沢をより引き立たせ、見学者の購入意欲を刺激しています。
展示場照明には、商品である車をライトアップし、心理的ハロー効果により購買意欲を高めるという機能が求められるべきです。
エネブライトの放つ光には、ステージを照らすスポットライトのような、自動車のメタリックをより強調し、その車が持っている魅力を更に引き立たせるパワーが備わっています。

自動車展示場に普及している400W水銀灯をエネブライトに置き換えるなら、明るさは1.5倍(600W相当)で、消費電力145Wのタイプをお奨めします。
車の輝きは1.5倍、しかも電気代は今までの半分以下。
お客様の購買意欲が高められ、車の売り上げに貢献し、電気代も節約。
これからの展示場照明は、断然「エネブライト」です。

既存の水銀灯をエネブライトに入れ替える場合、コスト削減効果や償却時期・予算等に照らして、最適な導入時期をご検討ください。
ニシオ自販様のように、店舗オープンや工場新設のタイミングが、導入のタイミングとしては理想的です。

▲PAGE TOP